読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の座る場所でわかること。。。

電車の座る場所から深層心理がわかるとか。

端に座るひとが多いとは思いますが、私の場合絶対真ん中に座ります。真ん中に座るひとは、とても大胆で肝が座っている姐さんタイプだそうです。よく『姉御肌だね』と言われたことがあります。そういうことなのでしょうか?

なぜ真ん中に座るかと言うと、端に座っていて混み合ってきたときにドアがある為、そこに立った人が寄りかかる感じで圧迫感があるからです。真ん中の場合は混み合ってくれば両隣に人が座り窮屈になるけれど、端ならば片方だけに人が座るからまだいいと友人は言っていました。私の場合は、端だと片方の人は立っているので余計に鬱陶しさを感じてしまうのでそれならばまだ両隣座られているほうがマシなのです。

不思議に思うのは、沢山の人が降りて私はたまたま端から2番目に居るとき、周りが空いているのに、私の横である端に座るひと。どうしてもっと空いている席があるのに、そちらに座らずにわざわざ私の隣の端の席に座るのか?それほどに端の席が落ち着くのでしょうか?

端に座るひとは、常識的で堅実なひとだそうです。だからこそ周りが空いていても端を好むのでしょうか?

因みに空いていても座らないひとは、自分流を貫き我慢強いひとだそうです。なんだか分かる気がしますね。

こんな風に深層心理が読めたりしたら、電車に乗っていてもちょっとした楽しみも出来ますね。