黄斑前膜

ドライアイの持病があるので定期的に眼科へ通院している。

そろそろ定期健診の予定でいたが、最近それ以外に左目に違和感を覚え、

もしかしたら白内障かも?と思っていた。

なぜなら以前の定期健診時に『白内障の懸念あり』と言われたことがあったから。

 

いつも通りの検査を終えてから、眼球の検査をした。

結果は『黄斑前膜』と説明された。

聞きなれない病名である。

原因は加齢によるもの。

パソコンもかなり使っているので、そのせいもあるかしら?

と思って医師に聞いたら、それは全く関係なく、ただ加齢によるものだと

少し笑って話された。

 

酷くなると手術が必要になり、手術をすれば治るらしいが、白内障の手術よりも

大変な手術らしい。

今はまだ手術するほどのことではないらしく、2ヶ月に1回くらいの通院で

今後の様子を診て行くことになった。手術となれば大きな病院を紹介するから

心配しなくても大丈夫と。

手術して完治するならば、せっせとしていまいたいと思って色々聞いていたら、

今の状態ではまだ手術しなくて良いと判断されるらしく症状が悪化してからになると。

 

そんな悪化してからで大丈夫なのか余計に心配になり、あれこれ聞いてみると、

今はまだ視力もそれほど悪くなっていないのと、物が歪んで見えることもないため、

心配はいらないと。

 

視力検査はあまりよく見えていなくてもなんとなく分かる感じで答えているわけで、

遠くは見えないし、近くても見えにくいこともあるのに大丈夫なのかなぁ。

心配なことはあるけど、結局2ヶ月に1回の通院をすることで本日の診察は終わった。

 

先月は子宮がんの検査をして、異常なしで安心したばかりなのに、

年をとるとはこういうことなのね。

老化していくことは否めないことだけど、気持ちは若いつもりでいるし、

見た目もまだ年齢よりは若く見られていて、まだまだ大丈夫なんて思っていたのに。

 

手術はまだしなくても大丈夫らしいけど、やはり見づらさはあるし、

鬱陶しい感じもある。

それでも2ヶ月後の検査を待つことになるのね。